お役立ちノート 派遣営業入門

無料求人媒体は使える?効率的な利用法やメリット・デメリットを解説!

新型コロナウイルス蔓延の影響により、さまざまな産業でこれまで以上に人材不足が問題となっています。

そうした中「人手不足で求人募集を増やしたいけど、お金がない…」や「無料の求人媒体は本当に使えるのか不安…」といった問題を抱える経営者や採用担当者も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、無料で求人広告を出せる求人媒体の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

この記事を読むことで、自社に合った無料の求人媒体を効果的に利用し、コストを最小限に抑えられる可能性があります。企業で求人を行う際の参考にしていただければ幸いです。

無料の求人媒体とは

ここで紹介する無料の求人媒体とは、さまざまな企業や派遣会社の営業担当者が求人広告を掲載する際に、無料で求人活動を行える媒体のことを指します。これまで企業が求人を行う際は、有料の求人サイトや求人誌を利用することが多く、その費用負担が大きな問題となっていました。

しかし、最近では無料で利用できる求人媒体が増えているため、多くの企業が活用しています。以下では、無料求人媒体の特徴や、有料求人媒体との違いについて解説します。

無料求人媒体の3つの特徴

無料の求人媒体には、以下の3つの特徴があります。

  • コストが削減できる
  • 求人広告の原稿を作成しなければならない
  • 競合が多く採用効率が低くなる可能性がある

次に、これらの特徴について詳しく解説します。

コストが削減できる

通常、企業で求人募集を行う際は多大な費用がかかります。しかし、無料の求人媒体を活用することで、無料で求人募集広告を掲載できます。費用の心配がなくなることで、企業は積極的に求人募集を行えるでしょう。

求人広告の原稿を作成しなければならない

無料の求人募集広告の場合、掲載する原稿は基本的に求人を出す企業側で制作する必要があります。また無料求人媒体は、無料で利用できるメリットがある反面、求人に関するサポートが少なくなります。

それ以外にも、無料求人媒体では広告の文字数などに制限が多く、有料求人媒体と比較して求職者に自社の魅力を伝えにくいのが特徴です。基本的に求人募集に関する全ての行程を自社で行うため、採用担当者の時間や労力負担が大きくなるのもデメリットと言えるでしょう。

競合が多く採用効率が低くなる可能性がある

無料の求人媒体に広告を掲載する際は、競合する企業が多いため、自社の求人が目立たなくなる可能性があります。

そこで、他の企業と差別化した募集内容やキャッチコピーを考えるなどの工夫が必要となります。

有料求人媒体の3つの特徴

有料の求人媒体には、以下の3つの特徴があります。

  • コストがかかる
  • 掲載課金・応募課金・採用課金の3つの課金形態がある
  • 求人原稿の制作をプロが行ってくれる

次に、これらの特徴について詳しく解説します。

コストがかかる

有料求人媒体では、選ぶ媒体によって料金プランが異なりますが、基本的に費用がかかります。

掲載課金・応募課金・採用課金の3つの課金形態がある

有料求人媒体では、掲載課金・応募課金・採用課金の3つの課金形態があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、職種や採用人数などによって使い分ける必要があります。

求人原稿の制作をプロが行ってくれる

有料の求人媒体を利用する場合、原稿の作成から採用活動まで、さまざまなサポートを受けることができます。

特にオンラインの求人サイトでは、求職者に対して直接ダイレクトメールやスカウトによるマッチングサービスを行うサービスがあるため、専門職などの採用が難しい職種でも高い採用効率を期待できます。

無料と有料の求人媒体を比較

それでは、上記の特徴を踏まえ無料と有料の求人媒体を比較してみましょう。

無料求人媒体の特徴を要約すると「費用がかからない反面、社内での工数が増え、採用効率が低くなる可能性が高い」ことです。

一方、有料求人媒体の特徴は「費用がかかりますが、社内の工数が少なく、採用効率が高い」ことです。

そこで無料と有料の求人媒体をうまく使い分けることが、低コストで効率良く求人採用を行う際のポイントとなります。使い分けるポイントは、以下のようなケースを参考にすると良いでしょう。

  • 無料の求人媒体をおすすめするケース…緊急性の低い募集で、コストをかけたくないとき
  • 有料の求人媒体をおすすめするケース…すぐに人材が必要なとき、求人広告を作るリソースが無いとき

このように求人媒体を選ぶ際は、それぞれの企業の状況や職種に合わせて選択すると効果的です。

無料求人掲載におけるネット媒体と紙媒体について

無料の求人媒体には、大きく分類するとネット媒体と紙媒体があります。いずれも求職者に対し求人情報が無料で提供されるのに対し、求人を募集する企業側には有料であることが多いため注意が必要です。

以下では、ネット媒体と紙媒体の特徴について、それぞれ解説します。

無料ネット媒体

無料ネット媒体とは、インターネット上で求職者に対し無料で求人情報を提供するサイトのことです。企業が求人活動を行う場合、掲載が無料と有料の媒体があり、無料でも求人活動を効率的に実施できる数多くの媒体があります。

無料ネット媒体のメリット

無料のネット求人媒体へ求人広告を掲載するメリットは、以下の3つです。

  • 採用コストを抑えられる
  • 広告効果を検証し改善できる
  • 求人募集媒体を複数確保できる

次に、これらのメリットを詳しく解説します。

採用コストを抑えられる

求人広告が無料のネット媒体を利用するメリットは、採用コストをかけずに人材採用できることです。

一般的な求人では、スタッフ1人の採用にかかる費用が平均で数十万円かかると言われており、年間通算すると大きな経費の削減が期待できるでしょう。

広告効果を検証し改善できる

無料で求人広告を掲載できるメリットは、ただコストが削減できるだけでなく、求人広告の効果を検証することにも役立ちます。

さまざまな求人サイトに幅広く求人広告を出すことで、どの求人のキャッチコピーが効果的で、どのサイトが自社の職種に向いているかなどを分析し、広告の改善が可能となります。

有料の求人サイトに複数出稿する予算がない場合でも、無料のサイトで実験できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

求人募集媒体を複数確保できる

無料の求人募集媒体を利用することで、求職者へのアプローチを増やすことができます。

さらに、有料の求人広告と無料の求人広告を併用すれば、求職者への露出度があがり、応募確率が高まるでしょう。

また、有料と無料の効果検証も同時にできるメリットもあります。

無料ネット媒体のデメリット

無料ネット媒体のデメリットは「求人広告の制作工数が多いこと」と「競合が多く採用確率が低いこと」です。また広告作成のサポートがないため、ある程度の知識や技術を持ったスタッフを準備する必要があります。  

有料求人媒体の「無料お試し機能」を利用する

有料ネット媒体のデメリットは、まずコストがかかることです。そしてコストがかかることにより、幅広く募集をかけにくくなります。より多くの求人媒体に求人広告を出せないことで求職者への露出が減るため、良い人材に巡り合えるチャンスが減少する可能性があります。

そこでぜひ利用したいのが、有料求人媒体の「無料お試し機能」です。有料求人媒体の中には、一定期間、または採用できるまで無料で試すことができるサイトがあります。もちろん有料サービスに比べて機能の制限が多いなどの欠点がありますが、有料サイトを利用する前に、自社の職種と求人媒体の相性を確認するためにも、ぜひおすすめしたい機能です。

また企業では、有料と無料の求人広告を併用したり、無料の求人サイトを使うことにより削減できたコストをスタッフの給与に繁栄させるなどの工夫をすることが重要となります。

無料の紙媒体(求人情報誌)

無料の紙媒体とは、求人情報誌やフリーペーパーなど、インターネットを活用するのではなく紙の媒体を活用して求人活動を行うものを指します。ただ求人情報誌やフリーペーパーは、あくまで求職者に対して無料の求人情報を提供するものであり、求人募集の掲載は有料となるケースがほとんどです。そのため、企業にとっては無料の求人媒体とは異なった性質となります。

求人情報誌のメリット

求人情報誌やフリーペーパーは、ポスティングをはじめ、駅やお店、公共施設などで無料配布されることが多く、比較的長期間に及ぶ求人の掲載が可能で、多く求職者の目につきやすいというメリットがあります。また職種や条件によっては、インターネット媒体を使用しない求職者にも効果的な訴求方法と言えるでしょう。

求人情報誌のデメリット

求人情報誌のデメリットは、紙媒体であるためパソコンやスマホなどで求人検索をする求職者の目に留まりにくいことがあげられます。

また求職者に無料で提供される情報紙は、求人募集をする場合は出稿料金がかかることが多く、採用にコストがかかるのもデメリットと言えるでしょう。

無料求人媒体のまとめ

このように無料の求人媒体には様々な種類がありますが、基本的に求職者に対して無料で情報提供されるものが多く、求人広告を無料で掲載できるのはインターネット媒体の一部となっています。また求人広告における効果もその手段によって大きく異なります。人材派遣会社が利用する際には、潤沢な予算を使える状況であれば信頼できる有料媒体を活用するのが最も確実な人材確保ができるでしょう。しかし職種や状況によっては、無料の求人媒体を活用しても一定の効果を期待することができるでしょう。そこで自社の予算や事業計画を分析し、自社の強みなどを十分にアピールできる効率的な方法を活用して優秀な人材を確保しましょう。

まずはお気軽に資料請求!

まずはお気軽に資料請求!

マッチングッドは、人材派遣会社の
工数削減・生産性向上を叶える
クラウド業務管理システムです

CTR IMG